家を買うならここが知りたい!

利害関係や余計な立ち回りぬきで、気になる不動産の情報をお話しします!

You Tubeチャンネル始めました!

You Tubeチャンネル開始しました! 家を買うならここが知りたい! 変動金利の攻略法! 住宅ローン 変動金利の攻略法 !誰も具体的な比較をしていません!金利がどのくらい変わると変動金利は敗北するのか!具体的に検証します! 不動産売却 業者選びの3つの…

日本の空き家は824万戸!小さくキザんだ新築分譲はもういらない?

2019年4月26日に、総務省より【住宅・土地統計調査】の内容が発表されました。 多くの方が予想した通り、日本の空き家総数が過去最高となりました。その数なんと824万戸です。空き家の最も多い地域では、空き家率20%を超えていますので、「向こう3軒両隣」…

離婚するとき家はどうする?!こんな問題が発生しています!

2018年のデータでは、日本の一人当たりのGDPは世界26位となり、サラリーマンの平均所得は長い間伸び悩んでいます。夫婦共稼ぎ世帯は6割を超え、住宅ローンを組む家庭では夫婦が協力してローンの支払いをするケースも多いようです。 いっぽう、日本の離婚…

長期優良住宅もうすぐ10年!メンテナンス計画は大丈夫ですか?

長期優良住宅の導入からもうすぐ10年。建物の点検・補修計画も、いよいよ屋根や外壁の着手時期になります。ですが、建物の所有者が、その点検・補修計画自体を知らないことが結構多くて驚きます。 長期優良住宅の申請書類では、建物の維持管理計画を添付して…

「家の中」「玄関外」の階段が問題になるとき!?「家庭用階段昇降機」が解決するかもしれません!

「超高齢社会」に突入した日本では、段差の少ない住宅に対する需要が高くなっています。そんなバリアフリー化を進めていく中で、戸建て住宅の「階段」は大きな障害になっています。 対応策を考えると「ホームエレベーター」が思いつきますが、建売物件や中古…

住宅ローン以外に1000万円以上掛かる!?住宅を持ってから掛かる費用がこんなにある!

住宅購入を検討するとき、現在の家賃と住宅ローンの支払額を比較して検討するかたも多いと思います。現在の住居費用は現実のものなので、今の家計よりプラスなのかマイナスなのかがわかる最低限の指標でしょう。ところで住宅を購入すると、住宅ローンの支払…

トイレを流し忘れる子供達

最近の住宅設備はいろいろな機能がついて、私たちはそれを何気なく使っています。お風呂を沸かすのはボタンを押すだけ、キッチンには食器洗浄機が付いていて洗ったあとは食器の乾燥までしてくれます。その他もいろいろ至れり尽くせりです。 今の子供たちには…

SUUMOってご存知ですか!「アンケートで、もれなく5000円分のギフト券」ってすごくないですか?!

「SUUMO」の広告なんですけど、これってすごくないですか?! 関東、関西、東海エリアで 新築買った方が、 アンケートに答えると もれなく5000円のギフトカード がもらえるそうです! さすが、業界広告No.1のリクルートさん、太っ腹です!

「購入vs賃貸 どっちが得か!」第2弾 30歳で中古戸建2300万円を購入した場合!!

「購入vs賃貸 どっちが得か!」を検証してみようというシリーズです。 第2弾は、30歳で2300万円の中古戸建を買ったら、賃貸より得するのか! 「家賃は掛け捨てなので、家賃×12ヶ月×35年の家を買ったほうが得だ!」みたいな計算をするひともいますが、なか…

注文住宅は やってみないとわからないことが多い!

注文建築で住宅を購入する場合、最初の建物契約から完成まで、結構な時間がかかることや、工事を進めてみないとわからないことなどが原因になり、いろいろな問題が発生します。経験値の高い営業マンでも、思わぬハプニングに驚くことも度々です。 今回は、注…

「購入vs賃貸 どっちが得か!」第1弾 35歳で新築戸建3000万円を購入した場合!!

「購入vs賃貸 どっちが得か!」を検証してみようというシリーズです。 第1弾は、35歳で3000万円の家を買ったら、賃貸より得するのか! 「家賃は掛け捨てなので、家賃×12ヶ月×35年の家を買ったほうが得だ!」みたいな計算をするひともいますが、なかなかそ…

ぜひ契約前に説明をしてもらいましょう!【重要事項説明書】

不動産購入の契約では、たくさんの書類がつくられますが、いずれも、小さな文字で難しく書いてあり、呪文のように淡々と説明されていきます。読み合わせで1時間以上掛った後に「何かわからないことはありますか?」みたいに聞かれても、ほとんどの場合は何…

イケイケ・ブラックの不動産会社はありました!

世の中では、法令順守・お客様満足度・従業員満足度など、本気で考えている経営者が多数になったことと思いますが、昔の不動産会社では、「イケイケ不動産会社」や「漆黒のブラック企業」が少なからずあったようです。お知り合いの方々が、いろいろな不動産…

これから不動産投資をしている方!失敗者の屍を乗り越えて!

最近は、「不動産投資で脱サラ!ハッピー!」というかたがたくさんいらっしゃいます。お金がどんどん増えて、華やかで、毎日楽しそう!ということで、憧れているかたも多いと思います。ただ、大きな夢を実現するために、不動産投資の世界に手を出したつもり…

注文住宅は既に消費税10%確定?!増税後の4つのお得もあります!

注文住宅の業界は、ローコストメーカーがしのぎを削っていて、高品質の住宅を低価格で販売している会社がたくさんあります。建築地が準備できるひとには、注文住宅は有力な選択肢です。例えば100㎡(約30坪)程度の建物なら、コミコミ2000万円以内で、太陽光…

東京23区別の中古マンション最低価格を検索しよう!

東京23区内の住宅は、今や普通のサラリーマンでは買えなくなったと言われています。物件の価格は高止まりしているいっぽう、住宅ローンの審査は以前よりもシビアになっている印象があります。住宅ローンの借入希望金額が大きくなると、勤務先が大手であった…

東京都で2000万円以内の新築戸建てを検索すると何件ヒットするか!

マイホーム探しでは、人気のエリアで・安くて、大きくって、駅近で、環境が良いものを探してしまいがちですが、全ての条件が揃うというのはなかなかありません。一般的には、どの部分が妥協できるかを出して検索⇒さらに妥協⇒検索、といった具合で落としどこ…

インターネットで住宅ローン審査をやってみよう!

以前の住宅ローンの申し込みは、不動産会社の営業さんに書類を渡して審査を行うことがほとんどでした。ただ、不動産の契約前に事前審査をするとなると、必要以上に個人情報を見せることになり抵抗もあります。不動産会社によっては、銀行とのやり取りや内定…

現在販売中の建売住宅を査定してみた!購入して財産と呼べるようになるのはいつなのか?

「賃貸だと壁紙一枚自分のものにならないし。不動産は買うと資産になるでしょ!」 はい。資産になります。そして住宅ローンを組むなら負債も持ちますよ。 ということで、今回は実際に販売されている建売住宅を、査定システムで査定価格を出し、いつになった…

あなたの住宅ローンは変動金利じゃないですか?変動金利ダメダメパターンを考えよう!

住宅ローンの変動金利は、0.4%台の商品が目に付くようになっています。過去を見渡してもかなりの低金利です。「家賃並みに購入ができるならいいか」とハードルも下がります。そして、不動産を紹介する営業さんも、この低金利はセールストークに利用します。…

住まいの蓄電池導入はどのくらい効果があるのか?

確か7年前くらいに、住宅建材メーカがたくさんが集まってプレゼンするイベントに参加したことがありました。その時の印象に残っているのは家庭用蓄電池です。その会場では、5kwhくらいの蓄電池を数百万円で提案する企業があり結構衝撃的でした。その後、スマ…

境界標がない!土地・戸建の購入で注意してください!

土地・戸建ての売買。発生しやすい問題では「境界トラブル」が挙げられます。長らく住んでいたお隣さん同士では、問題の先送りをしていたことが、子の代に引き継がれたり第三者に売却されたりすると、問題が表面化して収拾がつかなくなることも多々あります…

不動産購入に関わる税金や給付金は?あとからビックリ!

不動産購入に関わる税金は?あとからビックリ!とならないように 不動購入後の税金について、不動産の営業さんはあまりあてになりません。フワっと話すだけで突き詰めてお話ししてくれるかたが少なく、まあまあの確率で「税理士法に違反するので税務について…

不動産を譲渡したときの税金は?確定申告を忘れずに!

不動産の売却を、何回も繰り返す方は少数派でしょう。販売の準備から、購入希望者の内覧、売買契約の締結、引渡しなど。どれもわからないことだらけで、不動産会社の担当営業さんにアドバイスを受けながら進める方も多いと思います。ですが、頼りにしていた…

不動産購入での道路トラブルに注意!

日常的に歩いている道路では、所有者が誰かなどと疑問にすら思いません。みんな歩いているし、道路に名前が書いてあるわけではないので利用して当然な感じです。 ですが、不動産売買の話になってくると道路はとっても大事な要素です。道路の条件によっては価…

旧耐震マンションは大丈夫なのか?

今、東京のマンションはものすごく高額です。普通のサラリーマンが単独で購入するには、ちょっと手の届かない物件ばかりです。それでも、購入意欲がある方は、資産価値や通勤などを意識する方が多く、希望エリアでの駅近物件を根気よく探しています。資金が…

不動産の査定価格はあてにならない?という話

インターネットで「不動産売却」を検索をすると、有名な会社の大量な情報がでてきます。大手不動産会社の広告に始まり、不動産広告業者のHow to的なもの、不動産一括査定など、最初のページの中の情報に目を通せば、売主さんとしての準備も結構整います。昔…

住宅を買うか借りるか!勝利者は実家暮らし!

こんなご時世ですから、無理をして住宅は買わなくても良いのだと思います。購入の場合、当初は家賃並みの住宅ローンだとしても、住宅ローン控除が終わったり、修繕費用や火災保険の更新があったりといろいろ必要なお金が出てきます。では、賃貸住宅だったら…

「会員登録で未公開物件〇万件が見られます!」は本当の未公開物件じゃない説

不動産会社のホームページでは、 「会員登録者様限定で未公開物件1万件の情報が閲覧できます!」というものというものを見かけます。ワクワクして会員登録をしたらの 「他の会社やネット広告で見た物件ばかりだった!」 「どの会社も未公開物件はなぜか同じ…

親族間売買でも住宅ローンが利用できる場合があります

たしか4~5年前のだったと思います。フラット35の規定が変更されて、親族間での不動産売買も住宅ローン融資の受付可能になったと知らされました。「これはすごい!」とビックリしたのを覚えています。現在では一部の銀行でも親族間売買について、ホームペー…